子どもへの「言葉かけ」に悩んだら、3つのT!ー「3000万語の格差」感想

育児の気づき(baby0~2歳)
育児の気づき(baby0~2歳)

こんにちは!なかみです。
早いもので、娘も一歳になりました!

この頃になると、子育て支援センターに来る同年代の子らがポツリポツリと、発語デビューをし始めています。

娘と同じくらいのお誕生日の子が、犬を指さして「わんわん」なんてハッキリ言っていたりして、「えー!?一歳って、もうそんな風にお話しできる年齢なの!!?」という驚きと

ママ・お母さん
なかみ

あれ?うちの娘は「マァ!(ママ的な意味で)」と「パァ(パパ的な意味で)」とはいうけど、いまいち意味わかって言ってないっぽいぞ……??大丈夫なのか……?私の気にしすぎ?!

という、大きな焦り!!!!!!

私が気にし過ぎだと、頭ではわかっているのですが、

ママ・お母さん
なかみ

もしかして、私の言葉かけが少ないから、まだ言葉が出ていないのかな?たしかに部屋に2人でいると、無言になる時あるし……ていうか何話していいか分からない時あるし……

と、心配モードにぐるぐる突入してしまったので、本を読んで「赤ちゃんと何をどう話せばいいのか問題」へのヒントを探してみました。

「3000万語の格差」を読んでみた

3000万語の格差」は、人工内耳の移植手術をしていた、サスキンド博士というお医者さんが書いた本です。

お医者さん
サスキンド博士

どうして手術をして音が聞こえるようになっているのに、言葉を話せるようにならない子どもがいるんだろう?

ということに疑問を持ち、研究を開始されたそうです。

そして、先行研究から「家庭によって、3歳までに3000万語の言語格差がある」という知見にたどり着きます。

ママ・お母さん
なかみ

3000万語って!すごい数ですよね

今、サスキンド博士は、3歳までの家庭を対象として、言語格差を埋めるための「3000万語イニシアティブ」というプログラムを開発・推進しているそうです。

臨床から研究、社会活動と、幅広い面から「子どもの言葉の習得」を見つめてきた筆者が、研究から解ったことを一冊にまとめています。

そのため、かなりボリューミーですが、

「大人からの言葉かけは、子どもの頭を良くします」

という結論を、さまざまな研究結果や、時に自らのエピソードから紹介しているため、分厚くなっています。

・子どもは生まれながらにして頭がいいわけではなく、保護者やケアをする大人の話し言葉によって、子どもの頭がよくなっていく

・親が話しかける言葉が多く、語彙が豊かであるほど、言葉の習得とIQに良い影響を与える。

・親同士があまり話さない家庭では、子供もあまり話さない。

などなど、親としては「おそらくそうなんだろうな〜」となんとなく思っていたことが、研究結果としてハッキリ紹介されています。

ママ・お母さん
なかみ

ここまでは、正直な感想としては「やっぱりそうなんや!そらそうやんな」という感じ。でも、これらを学術的に「証明」するのには、大変な労力が要るので、ボリューミーになるのは仕方ない…

「3つのT」による声かけが、参考になる!

では、実際にどう言葉かけすればいいのか?」が、親としては気になるポイントですが、本書ではしっかりその問いに応えてくれています!

3000万語イニシアティブの活動では、「3つのT」を意識して、大人から子どもに声かけを図っているそうです。

ママ・お母さん
なかみ

どれも意識次第で、すぐに実践できそうなものばかりなので、皆さんもぜひ、参考にしてみてくださいね!

Tune in(チューンイン)

子どもがしようとしていること、子どもがやりたがっていることを、大人がよく見て、推測しよう!ということ。

赤ちゃんが両手に積み木を持って、積み木同士を打ち鳴らしている時に、「カンカン」と、子どもの気持ちや行為に言葉をつけることが、まさに「チューンイン」にあたります。

ついついこういう時に

ママ・お母さん

積み木はね、積むんだよ。積んだらどう?

と言いがちですが、子どもは自身は、環境に注意を向けて、知性を育てている最中なんだそう!親が別の提案をすることで、その注意の糸が切れてしまい、知性の成長も途中で止まってしまうのだといいます。

ママ・お母さん
なかみ

うわ、これはやってたかも〜!改めよう!

子どもの興味関心をしっかり観察すること、そしてそれに寄り添った声かけをすることが「Tune in」です。

Talk more(トークモア)

たくさん話そう!ということ。
これは文字通り、そのままの意味ですね!

たくさん大人からあたたかい言葉を受け取ることで、子どもは「自分は愛される存在であり、自分を取り巻く環境は信頼できる」と理解できるそう。

そのため、生まれたばかりの赤ちゃんは、あまり言葉がわかっていなさそうだけど、新生児期からトークモアに取り組むことをオススメしていました!

トークモアのコツとして「ナレーションと実況中継」というテクニックも紹介されていました!これもすぐに実践できそうです。

ナレーションとは?

親がしていることを言葉にすること
「おむつを変えますね!」
「新しいオムツを取ってきました」
「おむつが濡れてても乾いていてもあなたが大好きよ!」
などなど…自分の行動を「映画のナレーションのように」話すのがコツ

実況中継とは?

子どもがしていることを言葉にすること
「私の財布を持っているんだね」
「財布、とっても重たいねー」
「中に何が入ってるかな?みてみる?」
などなど、子どもの行動を「実況中継の解説」のように言葉にするのがコツ

ママ・お母さん
なかみ

日中2人きりで話していると、どうしても何話していいかわからなくなる瞬間があるけど、そういう時は、ナレーションか実況中継するようにしようっと!

また、これは子どもが話し始めてからのテクニックですが「ふくらませて、伸ばして、足場を作る」という考え方も参考になりました。

例えば、「だっこ!!だっこ!!」と子どもに言われたら「〇〇ちゃんは、ママに抱っこしてもらいたいんだね」と、子どもの言葉を補って、膨らませてあげる……ということです。

 

ママ・お母さん
なかみ

子どもが言っている内容を、理解し、穴埋めして、言い直すことで、たしかにトークモアができますね!

Take turn(テイクターン)

子どもとやりとりをして、子ども自身が言葉で表現することをうながそう!ということ。

「はい」か「いいえ」で答えられるような「クローズドクエスチョン」は、子どもにとっては、既に知っている単語を思い出すよう促しているだけだといいます。

しかし「どうする?」「なぜ?」のようなオープンクエスチョンは、子どもはたくさんの単語を使って考え、自分のアイディアで応えようとするため、言葉が広がるのだそう!

もう一つのT「Turn off(ターンオフ)」

上記の3つに加えて紹介されていた考え方です。

テレビやスマホに引きつけられている受身の時間を減らして、子どもと外に出て、公園で体を動かしたり、いろんな人と会う時間を増やそう!ということです。

子どもが、ものや人と関わりを持ち、大人がそれに言葉をつけることで、脳は育っていくのだそう。

 

お医者さん
博士

テレビやスマホはturn offして(電源を切って)、子どもとどんどん外に出よう!「今日も私は外に出かけて、赤ちゃんの脳のつながりをたくさん作った」と感じるようにしよう!

……と書いてあるのですが、本が書かれた時代とは変わって、今はコロナ禍なので、それもなかなか難しいですよね……。

私は京都市に住んでいるのですが、下京区にある「オトナリラボ」という託児コワーキングスペースを利用して、目新しいおもちゃや、私以外の大人(保育の先生たち)と接する機会を持つようにしています!

一枠に一組というような形で、都度入れ替え制にしてくださっているので、他のご家族との接点も最小限に抑えられます。検温、消毒も徹底してくださっているので、私は安心して利用できています。

京都市にお住まいの方は、ぜひ尋ねてみてくださいね!

こどもとはたらく オトナリラボ
オトナリラボは、パパ・ママが子連れでやりたいことに取り組める場所。保育スタッフに子どもを見守ってもらいながら仕事をしたり、ゆっくり読書をしたり、時には子どもと遊んだり。コワーキングスペースとして、親子で楽しめる遊び場としてご利用いただけます。パパ・ママの心のオトナリにいつもある、そんな存在を目指しています。

オトナリラボの他にも、立誠小学校の人工芝や、御所や鴨川……人が多い時間を避けて、自然の中にもよく出かけています。

ママ・お母さん
なかみ

ルカコブログでも、また紹介したいです♪

Tを意識した声かけ、トライ中!

ここまでお読みいただいて「実際読んでみたくなった!」という方がいらしたら……読む前に一つだけ「裏ワザ」を紹介します!

本書は洋書を和訳した本なので、やはり「すごくいいこと書いているけど、ちょっと長くて、忙しい育児・仕事の合間に読むのは大変だなぁ」という印象は否めません……

が!そんな方は是非、巻末の、高山静子先生による解説だけでも読んでみてください!とんでもなく分かりやすく、コンパクトにまとまっています!

時間のない方はぜひ、239ページから読んでみてほしいです!本書の要約・概要は把握できると思います。(現に、私もそういう読み方をしました笑)

私もこの本を読んだばかりなので、「T」を意識した声かけを始めたばかりです。それでも、前よりも「何喋ったらいいかな」と悩む時間が減ったことを実感できています!

私と同じように、子どもと何を喋ったらいいのか迷っている方がいらしたら、「3つのT、もう一つのT」試してみてくださいね!

 

なかみ

 

育児をおしゃれにスマートに

【おすすめ】ヒップシート比較口コミ相談室【ルカコ】
便利な育児用品 人気ランキング

赤ちゃんが「軽く」感じる!抱っこ紐(エルゴ)の正しい装着・付け方。

赤ちゃんが「軽く」感じる!抱っこ紐(エルゴ)の正しい装着・付け方。
正しい付け方に変えるだけでかなり楽になります!

【おすすめ】ヒップシート比較口コミ相談部

【おすすめ】ヒップシート比較口コミ相談部【ルカコ】
おすすめヒップシートキャリア6ブランド徹底比較!リアルな口コミや実店舗の声、NICU10年勤務看護師、赤ちゃん健診の保健師在籍で安心!おうちでレンタル試着有

ママに読んでほしい記事

【赤ちゃんの耳くそ・耳垢問題】掃除はしなくていいって本当?まさかの耳くその正体とは!! 【再接近期】もうすぐ2歳になる息子が急に「こわい」と連発する
【赤ちゃんの耳くそ・耳垢問題】掃除はしなくていいって本当?
【再接近期】もうすぐ2歳になる息子が急に「こわい」と連発する

おすすめ絵本

子どもが泣き止む絵本!?「もいもい」を読んでみた! 子供の性教育は3歳から!?いいタッチわるいタッチ
子どもが泣き止む絵本!?「もいもい」を読んでみた!
子供の性教育は3歳から!?いいタッチわるいタッチ
【おすすめ絵本】寝かしつけ効果抜群!よるくま☆自分からベッドにいきたくなる絵本 【おすすめ絵本】まくらのせんにん そこのあなたの巻☆2歳でも楽しめる参加型絵本が斬新!
寝かしつけ効果抜群!よるくま☆自分からベッドにいきたくなる絵本
まくらのせんにん そこのあなたの巻☆2歳でも楽しめる参加型絵本が斬新!

おすすめアプリ

【おすすめアプリ】初めての赤ちゃん、夜泣きやグズグズにお手上げ!メンタルリープ(成長期)を知って一緒に頑張ろうと思えた! 【おすすめアプリ】☆ステップ離乳食☆で食材選びを簡単に♪子供が食べられるものを夫婦でシェア出来る!
夜泣きやグズグズにお手上げ!メンタルリープ(成長期)を知って一緒に頑張ろうと思えた!
☆ステップ離乳食☆で食材選びを簡単に♪子供が食べられるものを夫婦でシェア出来る!

便利グッズ

【こぼれないミラクルカップ】コップ飲みの練習って大変! 冷凍した離乳食、チンすると冷めるまで時間がかかるを解決!
【こぼれないミラクルカップ】コップ飲みの練習って大変!
冷凍した離乳食、チンすると冷めるまで時間がかかるを解決!
そのままはずして使える!おしゃれベビーカーバック/マザーズバックやショルダーバック 【てぶランスマート】ランドセル「ぶらん」解決!手ぶらで雨の日も安全に登校できるサイドポーチ(バッグ)。
そのままはずして使える!おしゃれベビーカーバック/マザーズバックやショルダーバック
【てぶランスマート】ランドセル「ぶらん」解決!手ぶらで雨の日も安全に登校できるサイドポーチ(バッグ)。

使ってみたレポ

【ベビービョルンハイチェア】リアルな感想とメリット&デメリット!1年半使ってみた。 【初めての哺乳瓶選び】ピジョン産院用哺乳瓶が安くて洗いやすく、使いやすい♪
【ベビービョルンハイチェア】1年半使ってみたリアルな感想
【初めての哺乳瓶選び】ピジョン産院用哺乳瓶

赤ちゃん・新生児

【徹底解説】ポグネーステップワン、新生児から使える!おすすめのベビーラップ抱っこ紐。 【赤ちゃんの吐き戻し】試してほしい改善するコツ
【徹底解説】ポグネーステップワン、新生児から使える!おすすめのベビーラップ抱っこ紐。
【赤ちゃんの吐き戻し】試してほしい改善するコツ

泣ける!記事

救われた、叱るということ。 母親と暮らした記憶がない。
救われた、叱るということ。
母親の記憶がない。

ヒップシート比較

【まとめ】ベビーアンドミー(ベルク)ミアミリー(ヒップスタープラス)ポグネー(ナンバーファイブプラス)の違いは? 【Youtube動画】ヒップシートキャリア徹底比較!
【まとめ】ベビーアンドミー・ミアミリー・ポグネーの違いは?
【Youtube動画】ヒップシートキャリア徹底比較!

ルカコ公式サイト

抱っこひも「だらーん」解決!抱っこ紐収納カバールカコ
抱っこひも「だらーん」解決!
抱っこ紐収納カバールカコ
lucacoh6950をフォローする
【ルカコ】育児をおしゃれにスマートに
タイトルとURLをコピーしました